ミジンコでもわかる! 赤にきび跡を消す効果の基礎知識

赤ニキビというニキビの状態がありますが、それは一体どういった状態なのでしょうか?
赤くなってしまっているニキビは、すでに進行しているので、出来るだけそっとしておいてあげることが大事です。
しかし、やはり見た目にもあまりいいものではありませんし、ファンデーションのノリも悪くなります。
下手に塗ろうとして、悪化させてしまう恐れがあるので、注意が必要なのです。
皮下組織は、紫外線を浴びたり炎症を起こすと、守ろうとする為、メラニン色素を皮膚に蓄積させるのです。
その為、色が変わった上に、毛穴や周辺で炎症が起こって、プクゥっと膨らんでしまいます。
色素沈着させるには、先ずターンオーバーを促すことが大事なのです。
つまりビタミンCを多く摂ることで、皮膚内部にあるコラーゲン生成を促し、肌のターンオーバーを促進させるのです。
色素沈着そのものを無くす美白効果もあるので、ビタミンCを多く摂るようにしましょう!
といっても、世の中には数多くあるビタミンCですが、肌の漂白剤と言われる成分も他にあるのです。
それが、ハイドロキノンで、どちらも濃度が濃いものを摂取すると、より効果が期待できます。
美容液や化粧水では、なかなかメラニン色素まで到達することが少ないのですが、ビーグレン製品は、医療技術開発として作られた美容液で、肌の深部まで浸透するので、効果がものすごく期待できるのです。
なかなかニキビが治らないという人は、一度試してみることをオススメします。

赤にきび跡を消す効果について

カテゴリー: 成分   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク