カップラーメンに入れたポットのお湯がお湯ではなかった

 朝にカップラーメンを食べようとしてポットのお湯を入れました。ポットのお湯を確認するとかなり量が入っていたので、てっきり朝に沸かしたお湯だと思いました。お湯を入れたら湯気もたたないし、熱さも伝わってこないので昨日の残りかと思い3分待ちました。
 3分たったのでふたをはがしてかき混ぜようとすると、麺は硬いしお湯の熱も伝わってきません。ポットの中のお湯はぬるま湯どころか、常温に戻っていました。これでは食べられないのでカップラーメンを鍋にあけて沸かして麺を軟らかくすることにしました。麺を少し煮すぎたので麺が軟らかすぎました。
 お湯を入れるだけで簡単に食べられるカップラーメンなのに、手間がかかってしまいインスタントラーメンを作るのと同じ手間になってしまいました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク