悪玉コレステロールと血流

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありますが、
その中でも悪玉コレステロールが重要(要注意)だと言われています。
また、最近では悪玉コレステロールよりも怖い超悪玉コレステロール
(小型LDLコレステロール)も注目されていますね。

悪玉コレステロールは増えすぎると、血流が悪くなり動脈硬化など
生活習慣病の原因となります。

悪玉コレステロールを下げるには、まず基本である日常生活を見直すことです。
動物性脂肪の多い食品は控え、野菜をたっぷり摂り、
また、青い背の魚(アジ、サンマ、サバなど)や大豆製品を積極的に摂りましょう。
もちろん、適度な運動も大切なことですね。

さらに、定期的な健康診断(精密検査)を受けることも大切です。

カテゴリー: 健康   パーマリンク